▶ プレスリリース

「神経障害薬の世界市場:障害別(てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、脳血管疾患、その他)、薬物クラス別(抗コリン作用薬、抗てんかん薬、抗精神病薬、催眠薬、鎮静薬、鎮痛薬、降圧薬、抗凝固薬、その他)、流通経路別(小売薬局、病院薬局、オンライン薬局)」市場調査レポートを販売開始



株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「神経障害薬の世界市場:障害別(てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、脳血管疾患、その他)、薬物クラス別(抗コリン作用薬、抗てんかん薬、抗精神病薬、催眠薬、鎮静薬、鎮痛薬、降圧薬、抗凝固薬、その他)、流通経路別(小売薬局、病院薬局、オンライン薬局)」レポートの販売を開始いたしました。


■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:神経障害薬の世界市場:障害別(てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、脳血管疾患、その他)、薬物クラス別(抗コリン作用薬、抗てんかん薬、抗精神病薬、催眠薬、鎮静薬、鎮痛薬、降圧薬、抗凝固薬、その他)、流通経路別(小売薬局、病院薬局、オンライン薬局)
■英文タイトル:Neurological Disorder Drugs Market (Disorder: Epilepsy, Alzheimer’s Disease, Parkinson’s Disease, Multiple Sclerosis, Cerebrovascular Disease, and Others; Drug Class: Anticholinergic, Antiepileptic, Antipsychotic, Hypnotic & Sedatives, Analgesics, Antihypertensive, Anticoagulants, and Others; and Distribution Channel: Retail Pharmacies, Hospital Pharmacies, and Online Pharmacies) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019 -2027
■出版日:2020年3月11日
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)
■主な掲載内容

本調査レポートでは、神経障害薬の世界市場について調査・分析し、序論、仮定・調査手法、エグゼクティブサマリー、市場概要、キーインサイト、障害別(てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、脳血管疾患、その他)分析、薬物クラス別(抗コリン作用薬、抗てんかん薬、抗精神病薬、催眠薬、鎮静薬、鎮痛薬、降圧薬、抗凝固薬、その他分析、流通経路別(小売薬局、病院薬局、オンライン薬局)分析、地域別分析、競争状況などの構成でお届けいたします。
・序論
・仮定・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・市場概要
・キーインサイト
・神経障害薬の世界市場:障害別(てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、脳血管疾患、その他)
・神経障害薬の世界市場:薬物クラス別(抗コリン作用薬、抗てんかん薬、抗精神病薬、催眠薬、鎮静薬、鎮痛薬、降圧薬、抗凝固薬、その他
・神経障害薬の世界市場:流通経路別(小売薬局、病院薬局、オンライン薬局)
・神経障害薬の世界市場:地域別
・競争状況

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/d0ju09097-neurological-disorder-drugs-market-disorder-2

■マーケットリサーチセンターHOME
https://www.marketresearch.co.jp/