▶ プレスリリース

「タングステン電極の世界市場予測 2022年:メーカー別、地域別、種類・用途別」市場調査レポートを販売開始



株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「タングステン電極の世界市場予測 2022年:メーカー別、地域別、種類・用途別」レポートの販売を開始いたしました。


■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:タングステン電極の世界市場予測 2022年:メーカー別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Tungsten Electrode Market by Manufacturers, Countries, Type and Application, Forecast to 2022
■出版日:2017年11月
■出版社:GlobalInfoResearch
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)
■主な掲載内容

当調査レポートでは、タングステン電極の世界市場について調査・分析し、タングステン電極の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別タングステン電極シェア、市場規模推移、市場規模予測、タングステン電極種類別分析(純タングステン、トリウム入タングステン、ランタンタングステン、セリウムタングステン、イットリウムタングステン)、タングステン電極用途別分析(TIG溶接、プラズマ溶接、切断、溶射、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。
・タングステン電極の市場概観
・タングステン電極のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等)
・タングステン電極のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・タングステン電極の世界市場規模
・タングステン電極の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・タングステン電極のアメリカ市場規模
・タングステン電極のカナダ市場規模
・タングステン電極のメキシコ市場規模
・タングステン電極のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・タングステン電極のドイツ市場規模
・タングステン電極のイギリス市場規模
・タングステン電極のロシア市場規模
・タングステン電極のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・タングステン電極の日本市場規模
・タングステン電極の中国市場規模
・タングステン電極の韓国市場規模
・タングステン電極のインド市場規模
・タングステン電極の東南アジア市場規模
・タングステン電極の南米・中東・アフリカ市場分析
・タングステン電極の種類別分析/種類別市場規模(純タングステン、トリウム入タングステン、ランタンタングステン、セリウムタングステン、イットリウムタングステン)
・タングステン電極の用途別分析/用途別市場規模(TIG溶接、プラズマ溶接、切断、溶射、その他)
・タングステン電極の市場予測(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・タングステン電極の販売チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/global-tungsten-electrode-market-manufacturers-reports-b-gir-031119

■マーケットリサーチセンターHOME
https://www.marketresearch.co.jp/