▶ プレスリリース

「再分散可能型ポリマー粉末(1kセメント系防水・セルフレベリングモルタル用)の世界市場2019-2027:ポリマータイプ別(酢酸ビニルエチレン、バーサチック酸ビニルエステル、スチレンブタジエン、アクリル、その他)、用途別」市場調査レポートを販売開始



株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「再分散可能型ポリマー粉末(1kセメント系防水・セルフレベリングモルタル用)の世界市場2019-2027:ポリマータイプ別(酢酸ビニルエチレン、バーサチック酸ビニルエステル、スチレンブタジエン、アクリル、その他)、用途別」レポートの販売を開始いたしました。


■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:再分散可能型ポリマー粉末(1kセメント系防水・セルフレベリングモルタル用)の世界市場2019-2027:ポリマータイプ別(酢酸ビニルエチレン、バーサチック酸ビニルエステル、スチレンブタジエン、アクリル、その他)、用途別
■英文タイトル:Redispersible Polymer Powder Market for 1k Cementitious Waterproofing & Self-levelling Mortar (Polymer Type: Vinyl Acetate Ethylene, Vinyl Ester of Versatic Acid, Styrene Butadiene, Acrylic, and Others; and Application: 1k Cementitious Waterproofing Mortar and Self-levelling Mortar) – Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2019–2027
■出版日:2020年3月
■出版社:Transparency Market Research
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)
■主な掲載内容

本調査レポートでは、再分散可能型ポリマー粉末(1kセメント系防水・セルフレベリングモルタル用)の世界市場について、序論、仮定・調査手法、エグゼクティブサマリー、市場動向、生産動向、価格分析、ポリマータイプ別(酢酸ビニルエチレン、バーサチック酸ビニルエステル、スチレンブタジエン、アクリル、その他)分析、用途別分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東アフリカ)分析、競争状況、キープライマリインサイトなどを総合的に調査・分析して掲載しております。
・序論
・仮定・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・市場動向
・生産動向
・価格分析
・再分散可能型ポリマー粉末(1kセメント系防水・セルフレベリングモルタル用)の世界市場規模:ポリマータイプ別(酢酸ビニルエチレン、バーサチック酸ビニルエステル、スチレンブタジエン、アクリル、その他)
・再分散可能型ポリマー粉末(1kセメント系防水・セルフレベリングモルタル用)の世界市場規模:用途別
・再分散可能型ポリマー粉末(1kセメント系防水・セルフレベリングモルタル用)の世界市場規模:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東アフリカ)
・競争状況
・キープライマリインサイト

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/tmr2006050-redispersible-polymer-powder-market-1k-2

■マーケットリサーチセンターHOME
https://www.marketresearch.co.jp/